昨日から今日にかけての風邪の状況と対処法

昨日から今日にかけての風邪の状況と対処法

昨日からのどが痛くなって、鼻水が止まらない状況で、一時期は病院に行く事を考えていたが、あまり病院の薬に頼ると免疫力が低下するので、安静による療法で風邪を治していく事を考えたのです。

 

風邪薬などの薬以外にで風邪に効く食べ物は、みかんやしょうがです。

 

みかんに含まれるビタミンCには風邪などの予防の効果と風邪にかかったときに抗体を作る効果があって、私は風邪になったときはいつも食べています。

 

しょうがも風邪を治すために有効な食べ物です。

 

 

 

私は昨日はしょうがを中心とした料理を作って、消化の良い食べ物を食べた後にデザートとしてみかんを食べて、いつもよりも早めに寝て、仕事に支障がないように早めに風邪を治す事に努力をしています。

 

Buono!での、ももち geocities.jp/mibu_0285/

 

また、のどの部分に炎症が起こっているので、薬局などからイソジンなどのうがい薬を購入して、うがいの徹底に心掛けたのです。

 

 

 

風邪の時に睡眠に入るときは、乾燥による風邪の悪化を防ぐために室内の湿度を十分に上げて、風邪を出来るだけ早く直す工夫を心掛けたのです。

 

次の日に仕事に行く時は、咳によって会社の人に風邪を移さないようにするために立体型のマスクをかけて、仕事に励むように心掛けたのです。

 

風邪の時はあまり無理をしない事を頭に入れて行動をしています。

味わいゆたかな野菜です

 

中国野菜は、栽培するのに簡単と聞いてチャレンジしてみることにしました。

 

まずは、誰もが知っているチンゲンサイです。

 

夏では30日前後、秋では45日から50日ほどで草丈20センチから25センチ、株の重さは100グラムから150グラムに育ちます。この頃が収穫期となります。

 

 

 

注意しなくてはいけないのは、品質低下の著しい夏まき栽培のときには、対暑性に優れていて株張りのよい品種を選択します。

 

この辺は詳しい人に教えてもらうつもりです。

 

種を購入する農協でも詳しく教えてくれそうです。

 

いつもいっていて、なじみの店長がいるからです。

 

常連になると、こういう時に便利です。

 

タアサイにも挑戦します。

 

 

 

この野菜は、生育はゆっくりとしていて、収穫まで9月まきで80日、10月まきでは100日以上を必要とするために、元肥はチンゲンサイとくらべたら多めにしておきます。

 

10平方メートルあたり堆肥は10キロ、化成肥料は1キロほどにします。畝幅60センチに2条、株間20センチで3粒から4粒の点まきとして、本葉3枚から4枚までに1本に間引きをします。

 

最初のころは間引きももったいない感じがして、躊躇してしまいますが、りっぱな株を育てるためには、思い切って間引きをするのがいいです。

スマホの学割の事

 

高校生にでもなれば、スマホを持ってることが当たり前の時代になってきました。

 

携帯電話キャリア各社も早めに囲い込むことが有効だということが分かっているため、学割の設定幅をどんどん広げてきました。

 

最近では3年無料である事は当然の様になってしまいました。

 

 

 

どこのキャリアで契約しても3年間基本料が無料なので、結局はどこも抜き出たサービスではなくなってしまっています。

 

それでも、基本料金を無料にしてもインターネット接続料で大きく儲ける為、全く損にはなっていないとのことです。

 

 

 

インターネットの使い放題のオプションを追加して契約すると、基本的に毎月7,000円前後の契約となるため、基本料金が無料になっても7,000円から6,000円の差でしかありません。

 

それなら、そのうち4年間無料というサービスが出てきてもおかしくないように思います。

 

 

 

高校1年生が契約すると社会人になっている可能性もありますが・ ・ ・ 。需要が伸びてくる時には、金額が高くても魅力がある商品で売れますが、一旦飽和状態になれば、そこからは値引きをして金額の安いほうに流れていくと思います。

 

 

 

スマホの契約台数は頭打ちになり、だんだんと下がってきているようなので、これからサービス合戦はさらに激化していくのではないかと思うのです。